夏休みキャンペーン:取引金額キャッシュバックの開催 初心者ガイドが見やすくなりました! コミュニティ機能を使ってみよう!
夏休みキャンペーン:取引金額キャッシュバックの開催 初心者ガイドが見やすくなりました! コミュニティ機能を使ってみよう!
スキルタウンコーチングはこちら
eスキルラボ
2020/05/19

初心者脱出のためのテクニック『慣性キャンセル』のやり方について【スプラトゥーン2】

こんにちは、ぱわぽです。
第8回目となる今回の記事では、ウデマエを高めるためには絶対に習得が必要な『慣性キャンセル』のやり方について解説をしていきたいと思います。

このテクニックを習得するだけで、習得していないイカちゃんよりも素早く動くことができ、無駄なデスを抑えたり、敵を逃さずに倒しきることができるようになります。
やり方をしっかりと覚え、練習をして習得をしていきましょう!
🎮スプラトゥーン2について教わりたい人はこちらもおおすすすめ!🦑

慣性キャンセルについて

それでは解説をしていきます。
まずは慣性キャンセルがどういったテクニックなのかを詳しく解説していきます。
読んで字のごとく、イカちゃんが移動をする際の慣性をキャンセルするテクニックなのですが、文字だけではイメージしにくいかと思います。

以下の動画を見てみてください。
慣性が働くためにボムを避けられずに倒されてしまう動画
動画を見てもらうとわかったかと思いますが、実はイカちゃんは移動をする際に慣性が働く瞬間があり、慣性が働いてしまうと移動速度が極端に遅くなってしまうのです。
そして、その慣性が働く瞬間というのが『本来移動をしている方向とは90度以上角度が違う方向へ移動をするとき』です。

動画では前方に移動をしている状態から後方に移動をしようとしたために慣性が働き、すぐには後方へ移動ができていません。
そう、前に行こうとする力が残っているため、その方向へ少し引っ張られるような現象が発生し、後方への移動速度が遅くなってしまっているのです。これこそが『慣性』と言います。

今回解説をするテクニックはこの慣性を一瞬で消すことができる技なのです。
以下の動画を見てみてください。

慣性をキャンセルしてボムを避ける動画
動画を見比べてもらえるとわかるかと思いますが、下の動画では慣性が全く働いていませんね。
慣性がキャンセルできていることから驚くべき移動速度で後方へ下がり、ボムを回避できています。

これこそが慣性キャンセルです!!

慣性キャンセルのやり方について

それでは次にこの慣性キャンセルのやり方について解説をしていきます。
『イカ状態で移動をしている時にメイン、もしくはサブウェポンを一瞬構えて、そのままもう一度イカ状態に戻って別の方向に移動をする』だけです。(ブキの種類によってはサブウェポンでしか慣性キャンセルができない場合もあります。)

「こんな簡単なことなのか・・・」っと思ってしまうイカちゃんもいるかもしれませんが、しっかりと実戦で使えるようにならなければいけません。
ガチマッチ等の試合中に咄嗟に使うためには相当な慣れが必要となってくるため、しっかりと練習をしていきましょう!
上記の文面だけでは少しわかりにくいと言うイカちゃんもいるかもしれないので、詳細なやり方も解説をしていきます。

1.『ZLを押しっぱなしの状態で左スティックを倒してイカ状態のまま移動をしている』
2.『R、もしくはZRを押しっぱなしにしてメイン/サブウェポンのどちらかを構えて人状態に一瞬戻って慣性をキャンセルする』
3.『再びZLを押してイカ状態に戻り、移動をしたい方向へ左スティックを倒す』

試し打ち場などで試してみてください。とても簡単にできるかと思います。
しかし、先ほども言った通り、実戦で咄嗟に使えるかどうかとは別となります。
しっかりと練習をして、どのような時にでもこの『慣性キャンセル』の動きができるようにしておきましょう!

まとめ

慣性キャンセルのやり方について詳しく解説をしました。

ウデマエ上達のためには必須のテクニックとなっているため、初心者の内からしっかりと練習をしておきましょう。
後々に習得しようとしても、慣れが必要なため、すぐには使えるようにはなりません。

普段から意識をして使うようにしておきましょう。次回のブログもお楽しみに!
🎮スプラトゥーン2について教わりたい、もっと深く知りたい人はこちらもおおすすすめ!🦑


スキルタウンとは?
得意なスキルを教えたり、一緒に遊ぶ人を探すためのゲームの売り買いプラットフォーム

スキルタウン:https://skilltown.jp
この記事が気に入ったら、このユーザーのサポートをしてみませんか?
0/1000
コミュニティを使ってみよう スキルタウンコーチングはこちら
ログイン 新規会員登録
ノート イベント
スキルタウンコーチングはこちら