スキルタウンに公式キャラクターが登場! スキルタウンに公式キャラクターが登場!
スキルタウンコーチングはこちら
eスキルラボ
2020/05/29

上位・中位・下位プレイヤーの定義を考察!何ができると上位!?【スプラトゥーン2】

こんにちは、スプラトゥーン2ブログ著者のぱわぽです。

第58回目となる今回の記事では、『上位(上級者)・中位(中級者)・下位(初心者)プレイヤーの定義』について考察をしていきます。
スプラトゥーン2で上位を目指してプレイしているイカちゃんであれば、どのようになれれば上位プレイヤーなのかという疑問があるかと思います。今回はその疑問に答えるべく、各実力のイカちゃんはどれだけのことができるのかを解説していきます。

個人的な主観の部分も多くなりますが、参考にしてみてください。

上位・中位・下位プレイヤーはどういったものなのか?

それでは早速解説をしていきます。
上位・中位・下位プレイヤーの定義は、一人でどれだけのことができるかというところが鍵になって決まってきます。
これを見ると、「splatoon2はチームでやる競技なんだから一人でっていうのは間違っているんじゃないの?」っと考えるイカちゃんもいるかもしれません。しかし、この考えは甘いです・・・!
中位プレイヤー以上になると他のプレイヤーと合わせて行動することは当たり前となってきます。息を吐くように自然とできることなのです。
それではその一人でどれだけのことができるというのはどういったことなのでしょうか?各実力の定義を考察しながら解説をしていきます。

下位(初心者)プレイヤーの定義

それではまずは下位プレイヤーの定義から考察をしていきます。
これは先ほどの解説でわかったイカちゃんもいるかもしれませんが、『他プレイヤーと合わせて行動ができない』イカちゃんは初級プレイヤーに含まれます。
自分一人で目の前の敵に対処することに必死で、味方のことを考えた立ち回りが少ないイカちゃんはまだまだ初級だと考えてください。
ただ、「味方が弱いから自分一人でも敵を抑え込む!前線で敵を抑えて時間を稼ぐぞ!」等のような考え方で動けるイカちゃんは初級プレイヤーではない可能性もあります。
なぜなら、『味方じゃ前線を張れないから、自分がその役割を担う!味方は俺のカバーをしてくれ!』というようなチームプレイができているからです。そして、この考え方と立ち回りは最終的に上位プレイヤーになるために必須のものとなってくるため、大事にしたい部分でもあります!
下位プレイヤーはこの考えも取れず、『なんとなく敵と撃ち合ったり、ルールに絡んだりしているプレイヤー』となります。中位プレイヤーとなるためにも味方のイカちゃんに気を配り、自分ができる最大限のチームでの仕事をするようにしましょう!!

中位(中級者)プレイヤーの定義

続いて中位プレイヤーの定義の考察です。
中位プレイヤーは味方と連携をして動けるようになり、ある程度一人で戦局を動かせるようなイカちゃんのことを指します。上位プレイヤーとの大きな違いとしては、一人で戦局を動かす力がまだまだ未熟だというところです。例えばですが、前線で敵を抑え込むような場面でも味方のカバーがなければ複数体の敵には勝てなかったり、対面力が育ちきってなかったりする部分がそうです。
また味方をカバーしてあげる力が弱く、最前線の味方を敵から守り切れなかったりと、連携力が甘い部分も上位プレイヤーとの違いとなってきます。『味方との連携はある程度できるが、一人で敵を抑え込んだり、味方を守ってあげたりといった力が育ち切っていないイカちゃん』が中位プレイヤーです。
エイム力やキャラコンを磨いて対面力を向上させつつ、味方を敵に倒されないように動ける力を磨き、上位プレイヤーを目指していきましょう!

上位プレイヤーの定義

最後に上位プレイヤーの定義です。
これは今までの解説でわかってしまったかもしれませんが、『味方のカバーを借りなくても前線で敵を複数体抑え込める対面力を持ち、味方を敵に倒されないようなカバー力・連携力を持つイカちゃん』こそが上位プレイヤーとなります。
最前線に的確なタイミングで切り込み、複数体の敵を抑え込んで、戦局を作れるようなプレイヤーだと認識してもらえれば良いかと思います。上位プレイヤーともなればどんなブキを持とうとも前線意識が高く、チャンスがあればガンガン前に出ていきます!『スプラチャージャー』を持っていようが敵リスポーン近くなどの最前線まで切り込み、敵を抑え込むのです。
そして、他の味方も前線に出てきている場合はその味方の動きも補足しつつ、『2:1』の動きになるように連携を取れたり、敵に隙ができようものならすぐに対応できる対応力も持っています。
上記のような『チャンスがあれば即前線を押し上げ敵を複数体押さえつけ、味方の動きを無駄にしないように立ち回ることができれば上位プレイヤー』です・・・!
そして、ウデマエXでこのような立ち回り方ができるプレイヤーこそ最上位プレイヤーとなります!!
上位プレイヤーになれるようがんばっていきましょう!!

まとめ

上位・中位・下位プレイヤーの定義について考察をしていきました。

一人で複数体の敵を抑え込んだり、味方のカバーを的確に行えたりすると上位プレイヤーとなります。
言葉で言うのは簡単ですが、実際にはとてつもなく難しいものとなります。特に味方のカバーなしでも最前線で複数体の敵を抑え込むというのはなかなかできることではないので、頑張ってエイム力やキャラコンを身に付けて習得していきましょう!!

以上です。
次回のブログもお楽しみに!
この記事が気に入ったら、このユーザーのサポートをしてみませんか?
0/1000
あなたも記事を投稿して収益が得られます! スキルタウンコーチングはこちら
ログイン 新規会員登録
ノート イベント
スキルタウンコーチングはこちら