新規タイトル応援キャンペーン開催中! 初心者ガイドが見やすくなりました! コミュニティ機能を使ってみよう!
新規タイトル応援キャンペーン開催中! 初心者ガイドが見やすくなりました! コミュニティ機能を使ってみよう!
スキルタウンコーチングはこちら
eスキルラボ
2020/05/19

慣性キャンセルを応用した壁登りテクニック!!上級者が使うキャラコンを動画付きで解説

こんばんは、ぱわぽです!
第10回目となる今回の記事では、『慣性キャンセルを応用した壁登りテクニック』の解説をしていきたいと思います。
前回の記事では慣性キャンセルのやり方について詳しく解説をしましたが、今回はそのテクニックの応用の解説となります。

上級者のイカちゃんほとんどが使っているテクニックとなっていますので、しっかりと覚えて習得をしていきましょう。
また、慣性キャンセルがわからないというイカちゃんは前回の記事を見てやり方を覚えてから今回の記事を見てみてください。
https://skilltown.jp/community/note/14

慣性キャンセルを応用した壁登りテクニックについて

それでは解説をしていきます。
慣性キャンセルとは基本的に平面で横に動く際に使うテクニックとなっていますが、実はこれは平面以外でも使うことができるのです!

そう、壁を登る際の縦の動きにも慣性キャンセルを使うことができるのです!!
これを使えるだけで、他のイカちゃんよりも素早く動くことができ、敵の高台への素早い侵入や壁登りによる素早い回避行動を行うことが可能となります。

敵に効果的な圧をかけるための動きや自分自身が生き残るための動きが鋭くなるのです。
これらの動きは素早さが命となってくるため、このテクニックを使わない手はありません!!
文字だけで見ていてもわかりにくいと思いますので、実際にこのテクニックを使った動画を見てもらいます。
以下の動画を見てみてください。
壁登り時に慣性キャンセルを使わなかった場合
壁登り時に慣性キャンセルを使った場合
動きの違いにビックリされたイカちゃんもいますよね・・・!
壁登り後の動きの素早さが段違いとなっています!!
ストーリーモードでは教えてくれませんし、自分で見つけることもかなり難しい上級テクニックの一つとなっています。

時間にしてみれば本当に些細な違いなのですが、こういった積み重ねが他のイカちゃんとの差をつけられるところとなってきます。上級者のイカちゃんはこういったテクニックをいくつも使っているため、追いつめられてもしぶとく生き残りますし、敵を返り討ちにしたりもします。
絶対に習得をするべきテクニックなのです。

壁登り慣性キャンセルのやり方について

それではやり方について解説していきます。
基本的には平面時で使う慣性キャンセルとやり方は同じなのですが、一点だけ注意をしなければいけないところがあります。
それは、『壁登り時に使うBボタンの連打をうまく調整する必要がある』ということです!

壁登りをする際には、早く登る方法としてBボタンの連打を使うイカちゃんは多いとは思いますが、壁登り慣性キャンセルを使う場合には壁を登りきる直前までの連打に抑える必要があるのです。
何も考えずにBボタンを連打し続けてしまうと以下の動画のようになってしまいます。
壁登り慣性キャンセルを使う際にBボタンを連打しすぎた場合
少し浮き上がってしまっているのがわかるかと思います。
先ほどの一本目の動画(慣性キャンセルを使わなかった動画)と比較すると少しは速いのですが、やはり二本目の動画と比較するとかなり遅いです。

このような浮き上がりが起こらないようにするため、『Bボタンの連打は壁を登りきる直前までに抑える』必要があるのです。
ある程度練習をしないと使いこなせないテクニックとはなっていますが、ウデマエを高めていくためには必須のテクニックとなります!他のイカちゃんと差をつけられます!

まとめ

慣性キャンセルの応用である、壁登り慣性キャンセルについて解説をしました。平面での慣性キャンセルとは違い、少し難易度が高い上級テクニックとなっておりますが、しっかりと習得をしていきましょう。

こういった細かいテクニックを一つ一つ覚えていくことこそが上達の近道です。無意識に出せるように頑張っていきましょう!!

以上です。
次回のブログもお楽しみに!
この記事が気に入ったら、このユーザーのサポートをしてみませんか?
0/1000
コミュニティを使ってみよう スキルタウンコーチングはこちら
ログイン 新規会員登録
ノート イベント
スキルタウンコーチングはこちら