新規タイトル応援キャンペーン開催中! 初心者ガイドが見やすくなりました! コミュニティ機能を使ってみよう!
新規タイトル応援キャンペーン開催中! 初心者ガイドが見やすくなりました! コミュニティ機能を使ってみよう!
スキルタウンコーチングはこちら
eスキルラボ
2020/05/23

森羅咆哮ローテーション環境の速報(2019/9/28現在)

こんにちは。シャドウバースのコーチングを担当しております、賀茂茄子と申します。

新パック追加から数日経過し、強いデッキが徐々に判明してきました。
本日は大まかではありますが、今環境ローテーションの特徴をまとめます。
早速参りましょう。

1)森羅咆哮環境の大まかな特徴

森羅咆哮環境の特徴について、私は以下のように認識しています。

・リーサル速度がかなり速い(疾走カードが増えた)
・進化権に対する依存度が低下した(前環境は、進化権に依存したフィニッシャーが多かった)
・ミッドレンジ系デッキしかいない(アグロはクルトに殺され、コントロールしようとしても疾走で削られる)

以下で記述しますが、自然ビショップがアグロもコントロールも封殺できる性能をしています。
また安定性が落ちますが、豪風リノセウスが最速6ターンキルを狙ってくるので、相手の盤面を取りつつ地道に攻めるデッキは消滅しました。

前環境で暴れまわった機械ウィッチはどこへ行った?状態であり、唯一エイラビショップが生き残っています(ただし前環境の劣化デッキ感は否めない)。

また環境が始まる前に注目されていた自然ドラゴンデッキは、tier1とは言えない位置にいます。(ほかのデッキのリーサル速度が速すぎるため)。

ちなみに新規のカードを詰め込んだデッキが多いので、無課金~微課金者はカードを揃えるのがちょっと辛いですね。
今季最強の疾走札

2)Tier1デッキの大まかな特徴

①自然ビショップ
前評判ではあまり注目されていませんでしたが、環境2日目くらいからランクマでかなり見かけるようになりました。

歴代のローテーションデッキと見比べても、トップクラスの強さだと思います。

まず「ムニャール登場」「ミルフィ」「アニエス」などの疾走カードが強烈です。
特にアニエスは真実の狂信者のように0コストで疾走することがしばしばあり、そうなるとどのデッキでも止めようがありません。
またスフィンクス生成カードなど、盤面を強くすることも得意です。

昔(2年位前のSFL期くらい)の疾走ビショップは、純粋なアグロデッキに不利でした。
なぜならアミュレットを設置する関係上、進化ターン前の動きが貧弱だったからです。

一方、今環境はおなじみ狂カードクルトが存在するため、あらゆるアグロデッキを封殺できます。
まさに全方面有利デッキと言って良いでしょう。
どこにでも入ってくるね君
②豪風リノセウス
以前軽く言及したので、今回は簡潔に。

下馬評通りtier1デッキに君臨し、実際かなり強いデッキです。
しかしリーサルがリノセウス一本に集約しているため、引けないと話にならない点が気になります。

つまり安定感が低いです。私がrageに出るならば、このデッキは使わないでしょう。
上振れと下振れの差が激しすぎる
③エイラ
こちらも依然少し言及したので簡潔に。
レフィーエが抜けてかなりの弱体化を受けましたが、疾走ダメージに対抗できる唯一のデッキとして生き残っています。

進化権に対する依存度が高いため安定感は自然デッキよりも低いですが、悪くない選択肢ですね。
前環境唯一の生き残り

終わりに

環境が始まってまだ1週間も経過していませんが、上位デッキは大体固まった印象です。
今期は相手の動きに合わせることよりも、自分の強い動きをぶつけることが重要です。

それを意識して、デッキを組んでいきましょう。
この記事が気に入ったら、このユーザーのサポートをしてみませんか?
0/1000
コミュニティを使ってみよう スキルタウンコーチングはこちら
ログイン 新規会員登録
ノート イベント
スキルタウンコーチングはこちら