誰でも記事やコンテンツを投稿できる「コミュニティ機能」をリリース! 誰でも記事やコンテンツを投稿できる「コミュニティ機能」をリリース!
スキルタウンコーチングはこちら
eスキルラボ
2020/05/23

2Pickリーダー特徴簡易まとめ 後編【シャドバ】

こんにちは。シャドバコーチング担当の賀茂茄子です。

本日はVEC環境における各クラスから出るダメージカードまとめ後編です。それでは早速行きましょう。

VEC環境における2Pick順位

今環境は各クラス間の差が少なく、人によって優先順位がかなり異なりますが、筆者は以下のように認識しています。

●ネメシス>>>ドラゴン=エルフ>ウィッチ>ヴァンパイア≧ロイヤル>ネクロマンサー>ビショップ

本編はこの順番で解説を行います。

4)ウィッチ

盤面にダメージを与えるカード
1点:マジックミサイル
2点:ライトニングキャット、ゴーレムの暴走、パイロエレメントソーサラー(AOE)など
3点:魔術の一撃、マナリアの英知(が生成する魔弾)など
4点:眠れる厄災獣(土ありAOE)、エラスムス
5点以上:ケンタウロスシャーマン、パスカル(が生成する才能の開花)

可変:新レヴィ、モニカなど
確定除去:存在の霧散

コメント
存在の霧散という巨大スタッツ拒否カードがあるので完全なケアは不可能ですが、それを除くと体力4点以上に弱いです。
またゴーレムの暴走など、2点ダメージを与えながらフォロワーが出るカードが多いです。
特に5ターン目以降は、体力3点以上を意識しましょう。
ケアは無理 意識するなら単体高スタッツカードを投げない

5)ヴァンパイア

盤面にダメージを与えるカード
1点:バロンダブルフィールのトークン、アクセラレートアリオーシュ(AOE)など
2点:姦淫の口付け、アリオーシュ(AOE)など
3点:鋭利な一裂、魅惑の一撃、破滅のサキュバス(AOE)など
4点:ベノムヴァイト、アクセラレートユズキなど
5点以上:悪魔のささやきなど

可変:サロメ、アザゼルなど
確定除去:ユズキ、狂える人狼など

コメント
かなり幅広く点数が出るリーダーなので、完全なケアは不可能です。
強いて言うなら序盤使えるAOEがアリオーシュくらいしかないので、8ターン目までは体力2以上の横並べを意識すると良いと思います。
(それ以降はアリオーシュ本体と破滅のサキュバスをケアしましょう)。
ナテラの大樹が無い状態では、確定除去しづらいのも覚えておきましょう。

また安易に復讐状態に入れないよう注意して下さい。
ダークジェネラルを筆頭に強化されるフォロワーが多数いるためです。
明確なAOEカードは、これと破滅のサキュバスくらい

6)ロイヤル

盤面にダメージを与えるカード
1点:クイックブレーダー、リオード(隠伏天誅)、マシンブレードソルジャー(攻撃時)
2点:簒奪の舞(AOE)
3点:レヴィオンの弓使い(進化)、ワルツ(進化)、ディオネ(AOEなど)、簒奪の狂信者など
4点:躍動する獣戦士、勇気ある乱入、狂槍のケンタウロスなど
5点以上:リーシャなど

可変:白刃の剣舞、思わぬ躓き、ミストリナ
確定除去:神速の歩法、エンハンスワルツ

コメント
基本的に3点ダメージがよく飛び出してきます。
また簒奪の舞やマシンブレードソルジャーをケアしないなら、体力1〜3点は同じようなものです。

今期4点ダメージが増えたので、この体力にしても簡単に取られると思って良いですね。
また5点以上のダメージが比較的出にくい出にくいです(ミストリナだけは細心の注意を払う&確定除去はあるので注意)。覚えて置いて損は無いですね。

今季最強角の処理カード

7)ネクロマンサー

盤面にダメージを与えるカード
1点:ゴーストライターなどのゴースト生成カード
2点:消えぬ怨恨
3点:悪意の憑依、ボーンバースト、ギガントスカル(AOE)、ハデス(AOE)、
4点:消えぬ怨恨、魂の抜き取り、業火の魔犬、
5点以上:など

可変:コープスドック、ソーラ、ルベル
確定除去:呪殺現場、深淵への誘いなど

コメント
良く出る点数は3点です。特にボーンバーストやギガントスカルなど、テンポを取りながら盤面をとる3点カードが多いので、可能なら体力4点以上をキープしたいところ。
また4点以上のAOEがファフニールしか無いので、中型横並べも効果的です。
(ファフニールはケア不能なので、返しのカードを温存するか祈りましょう)。

確定除去がかなり多いので、大型カードを単発で置くことはあまり意味がありません。覚えておきましょう。
よく出る点数は3点 ボーンバーストは特に警戒したい

8)ビショップ

盤面にダメージを与えるカード
1点:コレット(ランダム)、フェザーフォルクパニッシャー、セクメト(AOE)
2点:クルト(回復量によって可変)
3点:漆黒の法典、邪教の神父など
4点:鋼鉄の翼人など
5点以上:エンハンスリモニウム、フラワーフェザーフォルク、ジャッジメントスピアマスター、ヘクターなど

可変:レインディア(進化)、ミルフィ、粛清の輝きなど
確定除去:イミナ、エクセスプリースト、戦場の審問官

コメント
こちらもかなり幅広く点数が出るので、完全なケアは難しいです。
特にクルトがほとんどケア不能なので、返しのカードを持っておきましょう。
また点数とは別にフィニッシャーが少なく回復が多いクラスですので、コントロール気味に攻めると勝ちやすいと思われます。

基本は3点だが、様々な打点が飛んでくる

終わりに

さて簡単に2pickの特徴をまとめました。次はナーフ後のローテーション環境について記述します。ではでは〜。
この記事が気に入ったら、このユーザーのサポートをしてみませんか?
0/1000
あなたも記事を投稿して収益が得られます! スキルタウンコーチングはこちら
ログイン 新規会員登録
ノート イベント
スキルタウンコーチングはこちら